Blog

脂漏性皮膚炎による敏感肌ケア ~顔以外編~

脂漏性皮膚炎による敏感肌ケア~顔以外編~

脂漏性皮膚炎で長く悩まれる人は多いと思います。
私もその1人です。

「脂漏性皮膚炎」
と検索しても、出てくるのは同じ情報ばかり。

皮膚科へ行っても、
同じような薬を処方され、運良く効果がでればラッキー。
でも、ほとんどが根本的解決にならない。

決定的な要因はわかっていないとされています。
しかし、考えられる原因は、
・ストレスが多い
・睡眠不足
・糖質脂肪部分の多い食事
・ビタミン B 群の不足
・間違ったスキンケア
・洗顔、洗髪不足
・マラセチア菌の増殖
・水の質
など、どこを調べても似かよっています。
どれが自分に当てはまるかわからなくても、
ひとつひとつ丁寧に対処していけば必ず前進します!

今回は、脂漏性皮膚炎で悩む方を日々対応している
「ルクレクサ」で実際に使われている生活習慣アドバイスを紹介します。

ヤケドの面積計算法によると、
頭皮と顔を合わせた表面積は、
全身のたった「9%」程度。

ですから、患部のケアだけでなく、
それ以外の91%のケアが大事です。

慢性皮膚疾患と言われる
脂漏性皮膚炎ケアにつながることを切に祈っています。

<<目次>>
1.足湯デトックス
 -なぜ足湯?
2.呼吸でストレスケア
3.睡眠不足解消のコツ
 -よくある対策
4.ビタミンB群を補う
5.飲み物を変える
6.意外に見落としがちな水のこと

足湯デトックス



人体で熱をつくるのは主に肝臓と筋肉と言われています。
肝臓は解毒をしてくれます。
足湯で外から熱を補うことで、肝臓が熱をつくりだす必要性が減ります。
すると、肝臓の負担が減り、解毒に回す余裕ができます。
つまり、足湯はデトックス効果を高め、体内浄化効果が期待できます。

なぜ足湯?

・心臓へ負担をかけにくいから安全性が高い
・足の血行を良くすると、顔の充血が減り、顔の赤みケアにもなる
・全身入浴に比べ気軽

足湯でオススメのタイミングは「寝る前」と言われています。
ただ、通常の入浴に加えて、リラックスタイムのひとつとして
足湯をすることもオススメします。

呼吸でストレスケア


A:浅くて速い呼吸
B:深くゆっくりの呼吸
どちらがイイでしょうか?

答えは、”B”です。

Aは、交感神経を高め、緊張状態を強くして血流を悪くします。
逆に、Bは、副交感神経を高め、
気持ちをしずめ、血流を良くします。
リラックス効果を高め、ストレスケアにもなります。

特に吐く息を意識してゆっくり息を吐く。
吐き切ると自然に息を吸いたくなるので
それを利用して
吐いて→吸う
を繰り返すと、自然に深くゆっくりの呼吸ができます。

ここに、腹式呼吸も取り入れれば、
インナーマッスルトレーニングにもなり一石二鳥です!
姿勢の良い体づくりにもなります。

睡眠不足解消のコツ


睡眠に対しては「捉え方」が重要です。

脂漏性皮膚炎になられる方の傾向として
・まじめ
・神経質
・こまかい
・完璧主義
・休むことを良しとしない

という素晴らしい個性があります。
私もこういう性格です(^^;
だからこそ、深く自分と向き合うことができたと思っています。

しかし、これを放置しておくと、
睡眠を削ってまで頑張ってしまう
小さいことで悩ん眠りの質が低下
こういったことに繋がってきます。

よくある対策

1)朝はきまった時間に起きる
2)コーヒー、お茶などカフェインを多く含むものは寝る6時間前は控える
3)昼寝は15~30分程度にして、長時間眠らない
4)夜は38℃前後のお湯に浸かりリラックス
5)寝る前は照明を落とし、スマホやテレビを見ない

こちらはもちろん重要です。
ただ、
『わかっていてもできない』
こんな方がいれば、次の言葉を知ってもらいたいです。

眠主主義

寝て寝て寝たおせ

民主主義にかけた「眠主主義」。
睡眠を全肯定する「寝て寝て寝たおせ」

どちらも、著名人、尊敬する先輩経営者から教わった言葉です。
なんだか自己犠牲してまで頑張ることだけでなく、
睡眠も重要に思えてきませんか?

睡眠に関しては、
ノウハウだけでなく、
捉え方」を変えることで、
睡眠不足を減らすことができます。

睡眠をしっかりとって、
心と体の疲れをリフレッシュしましょう。

ビタミンBを補う


脂漏性皮膚炎の原因として、
ビタミンB群(特にB2とB6)不足
がよく挙げられます。

こちらは食生活改善はもちろんですが、
『細かすぎてわからない』
という声をよくいただきます。

その場合は、サプリメントで補うことが一番です。
脂漏性皮膚炎とビタミンB群については、
以下の記事をご参考にして下さい。

ビタミンB群で脂漏性皮膚炎による顔の赤み対策


飲み物を変える


私は脂漏性皮膚炎になる前は、
メロンミルク
梅スカッシュ
コーラ
カルピス
などの糖質たっぷりの清涼飲料水ばかり飲んでいました。
だから、その後に脂漏性皮膚炎になったのかな、
と今は思います。

飲み物をカフェインが少ないハーブティーに変えたらプラスになると思いませんか?
ルクレクサで扱っているのは
ルイボスティー
です。

ビタミン、ミネラルも含まれている
活性酸素対策の役にも立つ
しかも、カフェインも“0”だから眠りに影響を与えない

では、どれがイイの?
という質問がよくあります。
そちらに関しては、

美容、妊活にも話題のルイボスティーについて

で取り上げています◎

見落としがちな水のこと


いつも私たちの生活にある「水」


当たり前だからこそ見落としがちです。
・飲み水
・シャワー

肌に触れる水がキレイになれば、
脂漏性皮膚炎にとっても追い風になることが考えられます。

例えば、
飲み水を買っている。浄水器を活用してコストを減らしたい。
顔や髪を洗う時に使う水をキレイにしたい。

このような方は、
浄水蛇口やシャワーヘッドをレンタル購入する場合が多いです。
定期的にメンテナンスしやすく、
『カートリッジを交換し忘れちゃって・・・』
という不安も解消されます。


今回は、
脂漏性皮膚炎による敏感肌ケア ~顔以外編~

1.足湯デトックス
 -なぜ足湯?
2.呼吸でストレスケア
3.睡眠不足解消のコツ
 -よくある対策
4.ビタミンB群を補う
5.飲み物を変える
6.意外に見落としがちな水のこと

について書いていきました。
脂漏性皮膚炎でお悩みの方は、
色々と
「気になる部分=患部」
にアプローチしてきたかと思います。

こういったケアはどこを調べても、
金太郎あめのように同じ記事が書かれています。

私自身、19年間脂漏性皮膚炎と向き合い続けてきました。
その中で、
『こんなことを教えてくれたらイイのになぁ』
ということをピックアップして書いていきました。

これからも実際の現場で得られたリアルな情報をお届けしていきます!

 

<<関連記事>>
・脂漏性皮膚炎ケアに対する化粧品の選び方|500万かけて検証

・脂漏性皮膚炎との闘い 完治に向けて

 


ルクレクサの肌質革命 ライン公式アカウント

肌の健康づくりを通して希望を提供
をテーマに、自信肌を作るお役立ち情報を配信していきます(^^)

↓友達追加はこちらから↓

友達追加

 

友だち追加

@648unkwv


このブログを書いた人
すずけん
ルクレクサ代表

スポーツインストラクターを目指すも、
高校3年生の頃に、
ニキビ、脂漏性皮膚炎、ヒゲ
で悩み、美容に興味を持つ。

大学では、スポーツ科学、健康について学ぶ。
遊びを犠牲にしてバイト漬けの日々。
外見の悩みを解消するために大学4年間で使った金額は400万以上。

『同じように悩む人の役に立てる仕事をしたい』
と思い、男性では珍しいエステティシャンに。
大手エステで7年働き、エステの本場パリにエステ留学。

帰国後、2013年9月に独立。
1年目は、大手企業のやり方を真似て、
自分のやりたいことをやって大失敗。
夢を叶えたつもりが地獄へ落ちる。

失敗を認め、お客様の要望に応えるために改善を続ける。
現在は、
・スポーツ
・エステ
・整体
・鍼灸マッサージ
を応用した独自メソッドで、
顔だけでなく、心と身体を調律する黄金律トリートメントを提供している。
また、脂漏性皮膚炎、ニキビなどの肌トラブルケアを専門に行い、全国からの問い合わせも多数。

◎トータルエステティックアドバイザー
◎鍼灸師
◎あん摩マッサージ指圧師
◎健康運動指導士

2012エステティックコンペティション 東海地区代表 日本3位
全日本鍼灸学会賞
鬼木医療学園賞
パリエステサロンにて小顔形成術、痩身技術開発

LINEで送る
Pocket