Blog

脂漏性皮膚炎ケアに対する化粧品の選び方|500万かけて検証

脂漏性皮膚炎ケア に対する化粧品の選び方|500万かけて検証

高校3年生の時に脂漏性皮膚炎と診断されて以来、
ありとあらゆる方法を試してきました。
これまでの19年間で化粧品にかけたお金は500万円を超えています。
現在はその経験を生かし、脂漏性皮膚炎・ニキビでお悩みの方を対応しています。
今回は、脂漏性皮膚炎に特化した化粧品の選び方をテーマに書いていきます。

目次
・高い保湿力
・水へのこだわり
・余計なものが入っていない
・肌にストレスを与えない
・私が選んだもの

FAITH(フェース化粧品)化粧品について

◎高い保湿力


まず、脂漏性皮膚炎に関わらず重要なことが保湿になります。
乾燥すると脂漏性皮膚炎が悪化しやすい、という方も多いはずです。
それに対しては「圧倒的」保湿力が必要になります。

脂漏性皮膚炎→皮脂が問題
と捉えると、強い洗浄力や、サッパリ仕上げを求めがちです。
これによって肌の乾燥を招き、さらに敏感肌を作ってしまいます。

 

 

◎水へのこだわり


化粧品の成分表では配合量が多い順に掲載されるようになっています。
ご自身がお使いの化粧品の成分をご確認ください。
おそらく「水」が一番先頭に来る場合が多いはずです。
つまり、化粧品は水を中心にできています。
そのため、この水にどれだけこだわれるかが化粧品の効果を左右します。
こだわることで、

普通の化粧品→飛び抜けた化粧品

に変化します。

◎余計なものが入っていない


これまで多くの脂漏性皮膚炎で悩む方の対応をしてきました。
その中で重要だと感じていることは、

〈超重要〉
化粧品に有効成分を求めることよりも、
肌に刺激を与えるような余計なものが入っていない。

ということです。

例えば、
・防腐剤
・色素
・香料
・合成界面活性剤

など、肌に必要のないものが含まれている化粧品は、
敏感肌の方は使わないほうがイイです。
それなら、無添加化粧品、天然成分でできた化粧品であれば大丈夫なのでしょうか?
あながちそうとも言えないです。
注意点に関しては、次のテーマで取り上げます。

◎肌にストレスを与えない


近年では、無添加化粧品が増えています。
なんとなくのイメージで『安全そう』と感じるかもしれません。
ただ無添加の定義はあいまいであり、

特定の物が入っていない
または、基準量以下のものであれば無添加

と表示して良いなどの規定があるため、
単純に無添加だから良いとも言えません。
無添加と表示され、かつ、本当に肌にストレスがかからないのか、
実際にテストされているものであれば言う事はありません 。

 

 

 

 

 

◎私が選んだもの


ルクレクサでは

FAITH(フェース)化粧品

というブランドひとつに絞っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選ぶアイテムが多過ぎると混乱します。
そのため、ひとつに絞り、
化粧品の使い方アドバイスをして、

良い商品 × 正しい使い方

が両立できるようサポートしています。
どちらかが欠けてしまうと、効果がイマイチとなってしまいます。

脂漏性皮膚炎による顔のトラブル。
特にザラツキに対しては、これが一番です。
正直言って、追随するものは、私が知る限り存在しません。
ザラツキであれば、3~6カ月で改善する場合がほとんどです。

最近使用された200名の内、199名の方で改善傾向が見られました。
1名の方は、肌に合わなかったため、途中で使用を中止しました。
実に、99.5%の確率です。

1)高い保湿力
成分として、また製法としても特許を取得している
フェース生コラーゲンの保湿力がずば抜けて高いです。
化粧品によく使われている加水分解コラーゲンに比べ、約600倍の保湿力があると言われています。
こちらは、施術でも必ず使いますが、フェース化粧品のお陰で、他店との違いを明確に打ち出すことができました。
特に、カーミングローションという鎮静用化粧水は全日本国民にオススメしたいくらいです!

2)水へのこだわり
化粧品の基材は水です。
そのため、水分子を細かくし、角質層に浸透しやすい状態にされています。

3)余計なものが入っていない
ゲル化剤というものを使うことで、
・パラベン、フェノキシエタノール、エタノールなどの防腐剤無配合
※エキス抽出用エタノールを除く
・鉱物油無配合
・色素無配合
・香料無配合
が実現されています。

肌トラブルの要因として、これら不要物が挙げられます。
化粧品をまったく使わない方法を試してみたけど、
それでも効果が出なかった。
という方もいるかと思います。
そういう方にこそ試して頂きたいです。
肌の変化に驚かれると思います。

4)肌にストレスを与えない
人体にストレスがかかると、活性酸素が発生します。
活性酸素は、細胞のサビ化を促進します。
実は、多くの化粧品は、使用することで活性酸素が発生すると言われています。

そのため、化粧品の使用自体が、
・脂漏性皮膚炎
・ニキビ
・シミ
・シワ
などの肌トラブルを引き起こすきっかけにもなります。

コチラに対しては、
「カット・ソッド・アッセイ」法
という独自のテスト法を用いることで、

活性酸素が発生しない化粧品原料の使用
または、原料の組み合わせ

が実現可能となっています。

フェース化粧品は、
1.ずば抜けた保湿力
2.水へのこだわり
3.余計なものが入っていない=刺激性が限りなく少ない
4.肌にストレスを与えない=うたっているだけでなく、検査もしている

という4条件を満たしています。
私自身、高校3年生の頃から、
大手化粧品会社
ドクターズコスメ
市販の化粧品
脂漏性皮膚炎に良いとされるもの

あらゆるものを試して500万円ほど使いました。
その中で、はじめて効果を実感できたものでした。
その後、理由を探るために、1年程情報を集め、ようやくこれだけ解説できるところまで来ました(^^;
また、サロンでの実績も優れているため、紹介させて頂きました。

※フェース化粧品(ラメラモード)は、カウンセリング専用化粧品のため、一般向けに販売されていません。

ご興味のある方は、
ルクレクサのホームエステプログラム【長年、脂漏性皮膚炎・ニキビでお悩みの方に】
をご参考にして下さい。
長年のお悩みから解放され、
解決への一歩を踏み出せることを心より願っています。

〈関連記事〉
脂漏性皮膚炎による「頭皮のフケ」対策

 


ルクレクサの肌質革命 ライン公式アカウント

肌の健康づくりを通して希望を提供
をテーマに、自信肌を作るお役立ち情報を配信していきます(^^)

↓友達追加はこちらから↓

友達追加

 

友だち追加

@648unkwv

 
LINEで送る
Pocket