Blog

脂漏性皮膚炎の原因は冷え?体質改善から完治を考える

脂漏性皮膚炎の原因は冷え?体質改善から完治を考える

薬、基礎化粧品、シャンプー・・・
色々と試しているけど、なかなか脂漏性皮膚炎に有効なものが見つからない。
そんな方が多いと思います。
私もそのひとりでした。

多くの場合、とにかく気になる部分のケアをします。
頭皮のフケで気になる→頭皮
顔の赤みが気になる→顔

でも、気になる部分は体のごくごく一部です。
本当にケアが必要なのは、顔や頭以外の90%以上の部分。
つまり、身体とメンタルのケアだったりします。

今回は、普段なかなか触れられることのない
「脂漏性皮膚炎と冷え」
の関係。
原因と対策について特集していきます。

<<目次>>
・冷えと脂漏性皮膚炎の関係
 -体温と免疫
・冷えの原因
・具体的対策
-3つのタイプに分ける
-3つのパターン全てに有効なこと

◎冷えと脂漏性皮膚炎の関係


まず、冷えと脂漏性皮膚炎にはどんな関係があるのか?
取り上げていきます。

☑睡眠不足につながる
手足が冷えると眠りにつくまでに時間がかかります。
そのため、眠りの質が下がります。
睡眠不足は脂漏性皮膚炎の悪化要因です。

☑免疫力が下がる
体温が下がると、
免疫細胞に必要な酵素の活動が弱まると言われています。
脂漏性皮膚炎の原因の一つでもある
マラセチア菌
に対する抵抗力も落ちます。

☑顔が赤くほてり、のぼせやすくなる
特に足が冷えると、
上半身が充血して、下半身が冷える。
「上熱下寒」
の状態になります。
こちらは、脂漏性皮膚炎による
顔の赤みを悪化させる要因にもつながります。

・体温と免疫

次に体温と免疫の関係について考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体温が1℃下がると、免疫力は37%低下。
それに対し、
体温が1℃上がると、免疫力は
「5~6倍」に!!
これは冷えを解消して、体温を上げるしかないですね。

◎冷えの原因



まず、考えられるものを挙げます。

1)ストレスによる自律神経の乱れ
2)筋肉量が少ない
3)体のゆがみ
4)冷たい食べ物・飲み物を多くとる
5)タバコ
6)きつい衣類による「しめつけ」
7)筋肉が緊張し過ぎている
8)お腹が冷えている
9)呼吸が浅く速い
10)間違ったダイエットによる鉄不足

この全てをカバーする必要はありません。
完璧を求め過ぎず、一番自分に必要そうなものから取り組んでいけば、それで大丈夫です。
小さな前進の積み重ねが大きな変化を生み出します。

◎具体的対策


3つのタイプに分ける

ここからは、私がどのような観点で対応していくかを紹介します。
・冷えのタイプ分けをする
3つに分けます。
1.下半身型
2.手足型
3.内蔵型

1.下半身型
特に足先の冷えが気になる場合です。
この場合、
・お腹を温める
・腰とお尻の筋肉の緊張を緩める
を優先します。

血液は熱を運びます。
だから、血行が悪くなると熱が運ばれにくくなり、冷えていきます。
腰と足の筋肉が緊張し過ぎていると、
血行が悪くなり、その先にある足が冷えやすくなります。

サロンでは、マッサージ(鍼灸)、骨盤調整もして、
足先への血流アップをはかります。

2.手足型
手足が冷たい。そのせいで寝つきが良くない場合。
コチラも同じように、
・お腹を温める

あわせて、
・呼吸のリズムを整える
深くゆっくりとした呼吸をします。
副交感神経が高まり、手足の血管が開きます。
すると、手足の血行も促進されます。

慌ただしい生活を送っていると、
浅く速い呼吸リズムになりがちです。
実際に、サロンにお越しになる方は、
呼吸のリズムが崩れている場合が多いです。
腹式呼吸を確認しながらリズムを整えていきます。

3.内蔵型
特にお腹の冷えが気になる場合です。
・食生活に気をつける
冷たい飲み物、食べ物を控える。
ショウガ、大根など体を温めるものを積極的にとる。

寒い時期に冷たいもの、砂糖が多いものなどをとると、
体を温めるために多くのエネルギーを使います。
マイナス要素を減らすことで、本来の自分の力が発揮できます。

そこに、
・お腹を温める
・呼吸のリズムを整える
も加えます。

・3つのパターン全てに有効なこと

下半身型、手足型、内蔵型
全てにおいて有効なことは、

1)お腹を温める
私の場合は、温めたホットパックをジップロックに入れて、それをお腹の上に15分程のせます。
もしくは、温めグッズを使います。

2)呼吸のリズムを整える
ゆっくりと息を吐き切ることを心がける。
すると、深く息を吸いたくなります。
これを繰り返します。
心も体もリラックスできます。

3)筋肉量を増やす
筋肉は多くの熱を発生させます。
そのため、筋肉量が増える=多くの熱が発生する
となります。
だから、筋肉トレーニングは非常に有効です。

ルクレクサでも、パーソナルトレーニングをしてフォローしています。
気をつけることは、
・筋肉がつき始めるまで、2~3カ月かかること
脳と神経と筋肉がしっかり連携するまで、どうしても時間がかかります。

・体力に合わせたトレーニングメニューをしないと、かえって身体を痛める

・筋肉量はなかなか増えない。
6カ月~12カ月くらいかけて、じっくり育てるイメージを持っておくと、
挫折しないで続けられます〇

があります。

しかし、
外出しづらい
何から始めていいかわからない
いつも挫折してしまう・・・
筋肉量を増やしたくても、なかなか実現できないことも多いと思います。

現在では、幸運なことに、自宅でもできる運動サービスがあります。
周りで人気、自分が注目しているサービスをいくつか紹介します。

・女性に大人気のオンラインヨガ/ピラティス/ストレッチ
こちらは、ルクレクサのお客様にも大人気のサービスです。
いまやオンラインで、
専門インストラクターから、
ヨガ、ピラティス、ストレッチ
を学べる時代です。
100円で30日体験もあるため、
『まずは軽い運動から始めよう』
と思われている方はココからスタートしましょう!

リラックス、リズム調整、運動不足解消。
健康増進、美容に効果的です〇

SOELU

・お手軽自宅ジムで筋肉量を増やす
ある程度運動経験のある方は、
「BODY BOSS」
が面白いです。
器具がコンパクトにまとまっていて、
負荷も調整できます。

筋肉量を増やしたい場合、
ある程度の負荷をかける必要があります。
そこの壁を突破するサポートをしてくれます。

商品を渡すだけでなく、オンラインサポートもあります。
だから、間違った器具の使い方で効果がイマイチという心配もありません。

 

「BODY BOSS」

・自分1人ではトレーニングが続かない。かつ、東京近郊にお住まいの方向け。
知っている方は少ないかもしれません。
RIZAPから女性専用ボディメイクジムが出ています。
東京の友人が多く利用しています。

☑自宅でひとりで頑張るのは難しい
☑冷え対策とダイエットを一気にやりたい
☑健康美をつくりたい

このような方に利用価値があります。

【女性専用!RIZAP WOMAN】


3つの冷えパターン全てに有効なことは、
1)お腹を温める
2)呼吸のリズムを整える
3)筋肉量を増やす
になります。

冷えの原因は数多くあります。
だけど、全てをやるのは難しい。
そのような方は、上記3つから始めるとイイです。

まとめ
冷えと脂漏性皮膚炎には関係性がある。
具体的には、
・睡眠不足
・免疫力低下
・足が冷えて顔がのぼせる
などの原因にもつながり、
脂漏性皮膚炎の症状を悪化させる恐れがある。

だからこそ、冷えの原因について考え、
それに合わせた対策をすることが効果的。

冷えには大きく分けて3つのパターンがある。
その全てに有効なものは、
1)お腹を温める
2)呼吸のリズムを整える
3)筋肉量を増やす

冷えは「万病のもと」
とも言われている。
一度真剣に向き合うことで、
一生使えるノウハウが手に入るかもしれない。

そう考えると、思い立った”今”が最大のチャンスになる。

<<関連記事>>
・脂漏性皮膚炎による顔のざらつき、鱗屑(りんせつ)でお悩みの方に

・冷え解消には筋肉トレーニングが大事!!お家でもできちゃう運動プログラム


ルクレクサの肌質革命 ライン公式アカウント

肌の健康づくりを通して希望を提供
をテーマに、自信肌を作るお役立ち情報を配信していきます(^^)

↓友達追加はこちらから↓

友達追加

 

友だち追加

@648unkwv


【 このブログを書いた人 】
すずけん

ルクレクサ代表

 

 

スポーツインストラクターを目指すも、
高校3年生の頃に、
ニキビ、脂漏性皮膚炎、ヒゲ
で悩み、美容に興味を持つ。

大学では、スポーツ科学、健康について学ぶ。
遊びを犠牲にしてバイト漬けの日々。
外見の悩みを解消するために大学4年間で使った金額は400万以上。

『同じように悩む人の役に立てる仕事をしたい』
と思い、男性では珍しいエステティシャンに。
大手エステで7年働き、エステの本場パリにエステ留学。

帰国後、2013年9月に独立。
1年目は、大手企業のやり方を真似て、
自分のやりたいことをやって大失敗。
夢を叶えたつもりが地獄へ落ちる。

失敗を認め、お客様の要望に応えるために改善を続ける。
現在は、
・スポーツ
・エステ
・整体
・鍼灸マッサージ
を応用した独自メソッドで、
顔だけでなく、心と身体を調律する黄金律トリートメントを提供している。

2020年10月
美容鍼灸を応用した
「冷え集中ケア」
を新開発し、注目を集めている。

◎トータルエステティックアドバイザー
◎鍼灸師
◎あん摩マッサージ指圧師
◎健康運動指導士

2012エステティックコンペティション 東海地区代表 日本3位
全日本鍼灸学会賞
鬼木医療学園賞
パリエステサロンにて小顔形成術、痩身技術開発

LINEで送る
Pocket