Blog

脂漏性皮膚炎による「頭皮のフケ」対策 〈第244号〉

【第244号】
脂漏性皮膚炎による「頭皮のフケ」対策

最近増えている脂漏性皮膚炎に関する相談。
今日はその中でも「頭皮のフケ」に絞って書いていきます。

[目次]
・脂漏性皮膚炎の原因と対策
・最近よく出てくるキーワード
・商品の見極め方
・使い方が重要

脂漏性皮膚炎の原因と対策
脂漏性皮膚炎の原因として、
皮膚常在菌の一つであるマラセチア菌の増殖が挙げられています。

そこで、皮膚科に行くと、マラセチア菌対策のために、
ニゾラールローションを処方されることが多いです。

しかし、ローションを頭皮に塗るのは大変な労力で、
特有のニオイが残ると不評です。

次に、コラージュフルフルというシャンプーに行きつくわけですが、
これで効果が出ている方は少ないのが現状です。

最近よく出てくるキーワード

私自身が、高校3年生の頃から脂漏性皮膚炎に悩み続け、
20年近く研究し続けてきました。
その経験をブログで書き続けてきた結果、現在のように、
店舗とオンラインにて相談を受け付けるようになりました。

相談の中で、非常に多くの方が使っているシャンプーがわかりました。
「KADASON」
です。

頭皮の辛いカユミとフケにおすすめのシャンプー【KADASON】

はじめは
『KADASON?』
と思っていましたが、
何度も出てくる。
そして、なかなか好評のため、私自身も調べてみました。

商品の見極め方
ポイントとして、
1.抗炎症
2.石油系界面活性剤不使用
3.水溶性保湿成分配合

があります。
脂漏性皮膚炎の場合、
皮脂を除去しようと、洗浄力の強いシャンプーを使う傾向にあります。
その時に注意したいのが、
「石油系界面活性剤」です。

通常、水と油は混ざらないため、
食器用洗剤などにも含まれている界面活性剤をシャンプーに入れている場合が多いです。
確かに皮脂汚れは落ちやすいです。
でも、頭皮に必要な潤いまで奪ってしまいます。
結果、頭皮の乾燥を促進し、
乾燥によるフケの原因となります。

次に、
なぜ水溶性保湿成分配合なのか?
という点です。

保湿成分の中には、
脂漏性皮膚炎の原因にもなるマラセチア菌のエサ
になってしまうものがあります
だから、その可能性がある保湿成分をカットする必要があります。
KADASONは、
水溶性保湿成分配合を配合することにより、
・頭皮の乾燥を防ぎ
・マラセチア菌の増殖を減らす
ことを実現したわけですね。

以上から、
頭皮に必要な潤いを残して、汚れを落とす。
マラセチア菌の増殖を減らして、頭皮を保湿する。

ということが実現します。
確かに合理的です。

使い方が重要
ただし、気を付けてほしいのは、
「シャンプーの使い方」

良い商品×正しい使い方
が揃ってこそ効果が出ます。

・水温は、38度前後で熱過ぎず。
・一度、全体をぬるま湯洗い
・シャンプー剤は手のひらで泡立ててから頭皮へ
・指の腹を使い、頭皮を傷つけないように洗う
・もし、トリートメントを使う場合、頭皮につかないように。
そして、しっかり洗い流す

このような点を再確認することも大切です。
残念ながらKADASONを使えば何とかなる、ということにはなりません。

良い商品に、正しい使い方が合わさると鬼に金棒です

正しいシャンプー方法、徹底解説! | 美ctionary 【キレイの百科事典 ...

〈まとめ〉
脂漏性皮膚炎による頭皮のフケの原因となる
・乾燥
・マラセチア菌の増殖

の対策するためには、
マラセチア菌の増殖を抑えながら保湿する
ということが重要。

必要なことは、
石油系界面活性剤不使用→潤いを残して汚れを落とす
水溶性保湿成分配合→マラセチア菌増殖を抑えつつ、保湿
加えて、
赤みをケアするために抗炎症の要素があるとなお良し。

KADASONは上記を満たし、良い商品であることは間違いない。
加えて、正しいシャンプー法を実践するとさらに効果的。

頭皮の辛いカユミとフケにおすすめのシャンプー【KADASON】

ルクレクサでは、
ネットで検索すれば手に入る情報を越えて、
自らの体験と、現場でのリアルな情報をシェアしていきます!!
今後も、お問い合わせ内容や、ご感想を参考に、内容を改善していきます(^^)

LINEで送る
Pocket