Blog

脂漏性皮膚炎は10年で治ったのか? 〈第245号〉

こんにちは。
ルクレクサのすずけんです。

今回は、
脂漏性皮膚炎10年追跡調査
の結果を発表したいと思います。

目次
・きっかけは19年前
・皮膚科医の診断は残酷だ
・独学しかない
・脂漏性皮膚炎は10年で治ったのか?

きっかけは19年前(2001年)
当時、高校3年生でした。
突如として、
・ニキビ増加
・顔の赤みが増す
・ヒゲが濃くなる
という3つの悩みが重なりました。

ニキビについては、何となく対処法が思いつきました。
でも、
『どうして自分の顔はこうも赤みが出るのだろう?』
と疑問に思ってきました。

また、眉間の赤みが強く、カサカサしたような感じになっていたため、
これも心配でした。

 

皮膚科医の診断は残酷だ
気になって気になって皮膚科を受診しました。
2時間くらい待って、ようやく診察です。

『これでようやく治るきっかけが掴める!!』
そう思っていました。

しかし、言われたのは、
「これは脂漏性皮膚炎だね。10年は治らないよ」
その一言でした。

あとは、ショックで何を言われたか覚えていません。

多感な時期にある高校生にとって、
10年は治らない
と簡単に言われてしまった気持ちを少しは考えたのか、
と思います。

悩んでいる時は、わらにもすがる気持ちです。
処方された薬だけでなく、
「皮膚科で売っている」
というだけで信用度が高まったのか、化粧品も買って帰りました。

処方されたのは、ニゾラールクリーム
真菌(カビ)を抑えるために使われる薬です。

ケトコナゾールクリーム ニゾラールクリーム2%:10g×5(現在流通して ...

これを気になるところ(特に眉間)に塗っていきました。
当時は、ニゾラールローションがなく、
ニオイがきついクリームを塗っていました。 

『これで治れば!!』
と期待していましたが、思っていたほどの変化は見られず・・・

ここから始まります。
脂漏性皮膚炎との闘いが

独学しかない
その後、皮膚科にもいくつか行きました。
言われることは大体一緒。

『これは自分で何とかするしかない』
覚悟が決まりました。

・ネット検索
・家庭の医学
・医学書

この3つを使って丹念に調べていきました。

プロが教える!脂漏性脱毛症の原因と根本的に治す全ポイント | HAIRS ...

調べれば、原因も対処法もわかる。
手当たり次第に実践していきました。

しかし、すぐには結果が出ません。
※おそらく、このブログをしっかり読んで下さる方も同じように感じているでしょう。

その後、色々試して10年がたち、私も27歳となっていました。

脂漏性皮膚炎は10年で治ったのか?

気になるところです。
結論は、

10年で完治しなかった

になります(><)
皮膚科医の診断は見事に間違っていたわけです。
何を根拠に言っていたのでしょう?

今は36歳となり、
疲労、睡眠不足、ストレス
などが重ならない限り、ほとんど気になりません。
対応策もかなりわかっています。

それを、色々な視点からブログなどで書いていき、
少しでも多くの方に役立ててもらいたいと思っています。

脂漏性皮膚炎は長期にわたる闘いになるかもしれません。
でも、だからこそ得られるものがあります。

「肌トラブル」を「肌チャンス」
に変えることが自分の使命です。

〈関連記事〉
脂漏性皮膚炎による「頭皮のフケ」対策

LINEで送る
Pocket