Blog

自分がコントロールできること〈第110号〉

寒い日が続いています。
お客様の状態を見ると、寒さや乾燥による心身の変化が顕著に出ているように感じます。

寒さで体を緊張させていることによる肩こり。
温かい間は気にならなかったが、寒くなると気になる節々の痛み(特に手)。
冷えによる免疫低下と、乾燥によるバリア機能低下等が原因と考えられるニキビ。
寒さに対抗しようと一種の興奮状態になっているが、ご本人に自覚がない。
など・・・。

気圧、気温、湿度、日照時間、天気など私達の意思とは関係なく変化していくことがあります。
※湿度が低いなら加湿器やマスクを使う。日照時間の変化に対しては、室内照明の調節、サングラスの使用等で自分でもできることがあります。
環境の変化は、自分では到底コントロールできないことが多くあります。
それに対して、環境が変わっていくことに腹を立て、自分が変わろうとしない、という考え方は往々にしてストレスを生み出します。
私は、これを「余計なストレス」と捉えています。

雨が降っていることに対して文句を言っても仕方ない。あなたが傘を差して歩けばよい。
過去にこのような文を本で読んだことがあります。
この文は、今でもよく思い出して無駄にイライラすることを少なくしています。
自然は人間にとってはあまりに広大で強く、逆らおうと思っても土台無理な相手です。
流れに逆らわず、素直に従っていく、というようにしていくと随分ストレスが少ないです。

『人生は自分の都合では動かないな・・・』
と日々感じてきましたが、独立してからはなお強く感じます。
今は、そこに留まるだけでなく、
『多くの人が、自分都合で考え、動こうとするならば、それこそが経営のヒントだ』
と考えるようになりました。

自分がコントロールできること、できないこと。
できるだけ、自分がコントロールできることに意識を向け、考え、行動していけば、きっと人生が好転していくに違いありません。
最近、ご来店されるお客様のほとんどが、私の技術を受けることだけでなく、色々と会話することに価値を見出してくれているのだな、
ということを感じています。
私の思い込みではなく、目先のお客様、市場の声に素直に従っていけるように・・・
すぐに基本を忘れていく自分に鞭打ちながら、今日も頑張っていきたいと思います。

【お客様の声】
・今までは月に1回くらいしか来てなかったけど、『少し頑張って通ってみよう!』と思い、週1回のペースにしたら、
前ほど体が辛くならなくなった。 (50代 O様)
・「体の緊張が抜けていない」と言われ、自分の日常生活を見直すきっかけが作れました。
また、自分に合った来店時間まで教えてくれて、『そんなことまで教えてくれるのか』と感心しました。 (30代 N様)

 


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket