Blog

私の脱毛履歴書5〈第153号〉

確定申告も終わり、ようやくスッキリした気分になりました。
昨年末の投稿から、2カ月半程たちましたが、あっという間に時間が過ぎていった感じです。
自分のやるべきことを淡々と繰り返す日々が続いていますが、これがこの先につながっている、という実感を持っていれば苦ではありません。2018年は、来年以降の大きな変化に向け、しっかり仕込みをしていきたいと思います。


〈第153号〉私の脱毛履歴書5

就職してから4年半が過ぎ、私は、生活拠点を、さいたま市から実家のある静岡市へと移しました。その後に見据えていたフランス留学への準備も兼ねていました。
留学資金を貯めながら、自分のために使えるお金でやったのが、やはり脱毛でした。
この時は、背中、お腹、胸部を選びました。
胸部に関しては、1度、1年プランをやりましたが、まだまばらに濃い毛が生えていて気になったので、2クール目をやりました。

通常、表面に見えている毛は、全ての毛ではなく、ごく一部の毛のみが表面に出ていて、残りはまだ活動を休んでいる状態です。そのため、一度、表面の毛をなくしたとしても、一定の周期で、また別の毛が成長し始めてきます。これが一般に「毛周期」と呼ばれるものです。実際に脱毛を受けられている方は、これを、事前カウンセリング、もしくは、施術終了後に説明をされると思います。
毛周期に関して極端な例を出すと、
・毛髪は2~6年
・眉毛は2~3か月
で生まれ変わるとされ、部位ごとにかなりの差が見られます。また、個人差も大きいと感じます(私自身も、脱毛施術者として、約4000件の施術経験があり、そこから感じたことも含みます)。

この時の脱毛で気になったのは、効果というよりも、毎回のように、施術担当者が変わる中で、明らかにカルテをしっかり読まず施術に入って来る方が多いことが気になりました。
かなり忙しい様子から、流れ作業のようになっていたのでしょうか。機械的にこなされていくことに淋しさを覚えました。私自身も、長年サービス業に従事してきている傍ら、事情はわからなくもなかったです。ただ、だからと言ってそうして良いわけではないので、ここは反面教師として学ばせていただきました。

今回もまた1年プランが終わり、これで、顔と上半身はほとんど最低5回はやりました。
どこで満足するかは人それぞれであり、私は満足できず、今また背中、お腹、胸部をやっています(汗)
私の更新が遅れているため、大分時間がかかりましたが、次回が、私の脱毛履歴書最終回になります。最後の仕上げに臨む自分と最新脱毛事情について触れていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket