Blog

内なる力が外の世界を変える 〈第130号〉

約2か月ぶりの更新となりました。
この2か月は、専門学校の学年末テスト(実技、学科)もあり、勉強、仕事に明け暮れていました。
専門学校では、この1年で、

・医療概論
・解剖学
・生理学
・経絡経穴概論
・衛生学、公衆衛生学
・あん摩マッサージ指圧理論
・関係法規
・英語
・生物
・経済学
・倫理

を履修してきました。
こうやって書いてみると、結構頑張ったな、と感じます。
大学時代や、社会人になっても上記のようなことは勉強してきたため、すでに知っているところもありましたが、勉強範囲、量は大学とは比べ物にならない程密度が濃かったです。
『鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師ってこんなに勉強するのか・・・』
と感じました。
百聞は一見に如かず、です。
4月からは2年次となり、さらに専門的な内容となっていくので楽しみです。


前置きが長くなりましたが、ここからは前回の続きです。

お店を移転させて再スタート。
想定の範囲内、なんて到底言えなくなってしまった人生。
『さて、これからどうしようかな』
そうぼんやり考えながら、移転後の営業を整備するために、日夜考えていました。

そのような中、20歳の頃から常に憧れの存在として追ってきたイチロー選手が、ニューヨーク・ヤンキースから、マイアミ・マーリンズへ移籍することとなりました。
それに伴い、会見が開かれることになったのですが、その会見でイチロー選手が言った言葉によって、自分が忘れかけていた軸を取り戻すことができました。

それはこんな内容でした。
「応援して頂けるような選手であるために、自分がやらなくてはいけないことを続けていく」

関連記事
イチローが、「この2年欲してきたもの。」マーリンズ移籍、最大の理由とは?

 

 

短い言葉でしたが、私はこの一言で火が付きました。

開業してからの私は、翻弄されていくばかりでした。
『ここまで準備したんだから絶対に大丈夫だろう』
と考えていたものが崩れてしまい、違う何かにならなくてはもうダメなのか・・・、と思っていましたが、それは違う、と思い直しました。

『人は人。俺は俺。』
『俺は他の人にはなれない。他の人は決して俺にはなれない。』
『あれこれ考えず、自らのベストを尽くす。』

仕事への取組みが変わりました。
と言うよりも、いつも通りの自分が戻ってきました。
すると、結果は自ずとついてきました。

2015年の初夏には、予約の空き枠が3週間程先までほとんど埋まる状態にまでなっていました。
変わり始めてからここまで来ることが急だったため、実は、そこまでになったプロセスについてはほとんど覚えていません。

スケジュールはどんどん埋まっていき、
『これは1人ではもう無理だな』
『経費を使ったほうがもっと利益が上がるって言われたことがあるけど、それはこういう状況のことか・・・』
という発見がありました。
と同時に、
『ただ、この道をどこまで進んでいったとしても、自分の目標には到達できない』
という考えが巡るようになってきたのもこの時です。
この、そこそこ良い状況を少しずつ上昇させていくか、それとも、自分の目標に合致した新しい構造を作るか、新たな悩みが浮かび上がってきました。

LINEで送る
Pocket