Blog

季節の変わり目とニキビ 〈第66号〉

4月下旬に入り、気温も上がってきました。
服装の調整が難しいですが、過ごしやすい季節になり嬉しい限りです。

気温、気圧、湿度、紫外線量、生活環境など外部環境が変わりやすい4月。
その変化に対応しようと心身も頑張っている時期です。
ニキビができやすい方(私もその1人)にとっては、肌状態が安定しない時期にもなります。

私の場合は、小さい白ニキビが増えてきました。場所は、鼻とアゴです。
年齢や体質によってニキビのできる場所には個人差が出てきます。
では、私がどんな対応をしているかというというと、
①できてしまった白ニキビは放っておいて、回復を待つ
②入浴、睡眠、抗酸化物質に気をつけ、免疫力を低下させない
の2点を大事にしています。

①についてですが、鼻とアゴの白ニキビに関しては数日中に治り、跡に残らないということが今まで追跡調査した結果で把握していて(ご自身で記録していくと色々わかります)、気にしても無駄なストレスになるため気にしないようしています。
この時は、ニキビを増やさないようにする。回復を早める、ということを考えます。
②に関しては、外部環境の変化に私たちが対応するには2週間前後かかるため、この間はジタバタしても仕方ないと思います。それよりも、夏に備えて、体調を整えるほうが結果的には肌の調子を良くします。

これがわかったのはここ5年の話で、それまでは、目先の肌状態悪化にうろたえて、化粧品を変えたり、スキンケアを強化しましたが、あまり変化はありませんでした。お金と労力がもったいなかったです。読書でもしていたほうが有意義でした。
気になる肌トラブルの違いによって、自分がとる対策も変わってきます。
お客様や周囲の雑談に耳を傾けてみると、どうやらケアのし過ぎが気になります。
何かをプラスするという発想と、何かをやめてみる、減らしてみるという発想も合わせることをオススメします。
人間の感覚は非常に優れていると感じる日々です。
見て、触って・・・そうやって自分の状態を確認して、過不足なくケアしていくことが季節の変わり目には特に重要です。

 


にきび・吹き出物 ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket