Blog

20年かけて生まれたニキビ跡の赤み、凹凸専門美容鍼

20年かけて生まれたニキビ跡の赤み、凹凸専門美容鍼

こんにちは。
ルクレクサのすずけんです。

今回はニキビ跡の赤み、凹凸専用の美容鍼がなぜできたのか?
という開発エピソードを書いていきます。

1.20年前に苦しんでいた自分を思い出して


先日こんな口コミを頂きました。

口コミを書いて下さったのは20代前半の男性です。
爽やかなイケメンですが、顔の左右にあるニキビ跡の凹凸が目立ちます。
特に左側はフェイスラインから、こめかみくらいまで広範囲に渡ってニキビ跡があるため、ご本人も相当悩んでいたと思います。

現在、月2回のご来店とホームケアの継続で、3カ月程で目に見える変化が出てきました。
まずは、
・ニキビをできにくくする。
次に、
・赤みを減らしていく。
最後に、
・凹凸(でこぼこ、クレーター)ケアに集中

この3ステップで、周りがうらやむキレイ肌へと変身できるかと思います。

ニキビができている間に、ニキビ跡の凹凸をケアしようとすると、刺激が過剰になり、かえって今あるニキビが悪化する危険性があります。そのため、まずはニキビケアをメインにします。

私も過去に深く悩み続けた経験があります。
高校3年生の頃からニキビが増え始め、高3の夏ごろには顔全体に100個くらいのニキビがあったと思います。
クレアラシルというニキビ薬を、綿棒を使ってニキビに塗っていたわけですが、100個もあると30分近く時間がかかって面倒でしたね。
今考えると、あんなことをする必要なかったのですが、当時は雑誌やネットの情報を参考に素直にやってました。

20年近く前は、ニキビ跡の凹凸に対して、有効な治療法はなかったです。
レーザーや、強いピーリングなどを使って、無理矢理肌の生まれ変わりを促進させるような、心身に負担をかけるやり方しかなかったです。

金額も今より高く、その割に結果がわかりづらい。
肌が弱かった私は、ピーリングや光線治療後の赤み、ヒリヒリ感、かゆみ、腫れが強くて効果が出ているかよくわかりませんでした。
使った金額は100万円を越えているので、何をやっていたんだろうかと思います。

ただ、あらゆる治療法を経験したことで、今説得力のある話ができているので、決して無駄な経験ではなかったと思っています。

2.皮膚科、美容外科に行っても治らない場合


マスク肌荒れ
皮膚科に行って薬をもらう。それでニキビが治れば安く済みます。
これが一番おススメです。

ただ、
「あまり変わらなかった。」
「肌の赤みや、かゆみがひどくなった」
という声も多いです。

また、ケミカルピーリング、ハーブピーリング、ダーマペンなどの方法もやってみたが、肌に合わなかったという方もいます。

実は私も同じで、皮膚科での薬や美容外科での治療、ドクターズコスメなど色々やってみましたが、7年間で1000万円以上使ってもニキビはほとんど良くなりませんでした。

『なぜこんなに頑張っても肌はキレイにならないんだろう・・・』
と悩み続けていました。

3.大金を使ってようやく気づいたこと


ひらめき
私がやってきたことは、
・薬(イオウローション、ダラシンゲル、ディフェリンゲル)
・漢方薬
・サプリメント(ビタミンB群、ビタミンC)
・ケミカルピーリング
・ビタミンCイオン導入
・フォトフェイシャル
・PDT(フォトフェイシャルダイナミック)
・面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)
※専用の器具でニキビの中身を押し出す治療法
・プラセンタ注射
など、ほとんどが顔に直接刺激を与えるタイプのケアでした。

これがニキビの悩みを長期化させた大きな原因だったと考えています。

ニキビができている肌は、通常よりも敏感になっているため、刺激に弱い状態です。
ここで、新たな刺激を加えると、肌を守ろうとして赤み、かゆみなどの反応が起きます。

顔にニキビができていると、その原因は顔にある。
と考えるのが普通です。

でも、原因は顔そのものだけではありません。

4.こんな人の肌がキレイになると思いますか?


ポイント
新規のお客様のカウンセリングの時によく話すことがあります。
それは、
「例えば、こんな人の肌がキレイになりますか?」
という話です。

1)睡眠不足
2)お菓子をよく食べる
3)枕カバーをあまり洗っていない
4)パンと肉中心の食生活
5)シャワー浴だけ
6)運動はあまりしない
7)強いストレスがある

これを聞くと、皆さん笑って、
「これじゃ無理ですね 笑」
と言います。

洗顔、化粧水、薬・・・の前に、生活習慣も大事という話です。
顔を触らなくても、できることは山ほどあります。

ネットや雑誌を見ていると、ニキビが早く治る魔法の治療法がありそうな期待感を抱かせる情報が多くあって、それに頼りたくなります。
素早く悩みを解決させてくれる奇跡の方法があると錯覚します。
私も過去には同じ気持ちでした。

でも、残念ながらそんなのありません。
そこを追い出すと、余計な刺激を加えてしまい、かえってニキビの悩みを長期化させることもあるくらいです。

肌の生まれ変わりや回復には期間がかかります。
1日や1週間で大きく変えることは難しいです。

ただ、不思議なことに、
3カ月、6カ月、1年・・・という期間で考えると解決できてしまうこともあります。
ニキビやニキビ跡はここに当てはまります。

適正期間をかければ、かなりの高確率でニキビ、ニキビ跡はキレイになっていきます。

だから私は、
「お伝えした来店ペース、期間通って頂ければ、90%以上の確率で効果が出ます。」
と言っています。
これは本当の話です。

別のたとえ話をしてみます。
①1カ月で1000万円貯まる魔法のメソッド
②10年で1000万円貯まる魔法のメソッド

と言われると、①は怪しく感じませんか?
②の場合は、魔法のメソッドがなくても、10年だったら1000万円貯められそうな気もします。

この話で伝えたいことは、何かをするには「適正期間がある」ということです。
ニキビ跡の赤み、凹凸は、1カ月で効果を出すのは難しいです。
しかし、6カ月、1年くらいの期間で考えると希望が持てます。
むしろ、そこまで難しくありません。

5.肌質、体質、気質を改善していく独自メソッド



皮膚科、美容外科に通っても、なかなか治らないニキビ、ニキビ跡でお悩みの方には、顔だけの治療ではなく、心と身体も含めたトータルケアが必要です。

「ニキビができにくい肌質に変えたい」
「体質改善をして、顔だけでなく、背中のニキビもキレイにしたい」
「どうも神経質に考えてストレスがたまってしまう。」
「自分に自信が欲しい。毎日をもっと楽しみたい」

多くの方と話していく中で、ただ顔がキレイになるだけでなく、本質的に自分の人生を変えたいと願っていることが多いということがわかりました。

どうせなら、ただニキビ、ニキビ跡をキレイにするだけでなく、
・印象を良くする
・明るく前向きになる
・姿勢も整える
・全盛期の時よりも、もっと肌をキレイにする

ここまでトライしてみるとイイと思います!
本当に人生変わります。
私はこれを実現できるサービス提供を目指して長年やってきました。

◇20年かけて完成

元々はスポーツの世界にいました。
しかし、自らのニキビ、脂漏性皮膚炎、多毛などの外見のコンプレックス解消に全力投球した日々から美容に興味を持ちました。

その後、エステと出会い、大学卒業後エステの世界へ。
7年間大手エステ企業で働き、本場パリで修行。

日本帰国後ルクレクサをオープン。
独立当初は全くうまくいかず、生きていく道を探すために、整体や骨盤調整を学びました。
少しずつ経営が軌道に乗り、より結果を出せるプログラムを提供したいと考えるようになりました。
そこで、鍼灸マッサージの専門学校にも通い、ニキビ、ニキビ跡にも効果的な専用の美容鍼灸を身につけました。

薬に頼り過ぎず、ピーリングや光線治療などの強い刺激を与える方法を使わずに、ニキビ、ニキビ跡をケアしていくオリジナルの方法を編み出しました。

具体的には、

・カウンセリングで現状を把握

・その方に合ったオーダーメイドの施術を組み立てる

・重症ニキビの場合は顔への刺激を避け、鎮静ローションを使って、まずは徹底的にニキビケアをする。

・首、肩、足など、別の部分に緊張が強い場合が多いため、その緊張を緩める。
結果、顔への血流がアップし、ニキビ予防、回復を早めることに役立つ。

・肌トラブルが少ないところを見極め、そこに美容鍼を打つ。
美容鍼には、免疫力を高める。肌の再生を促す。血行促進などの効果が期待できます。
ニキビ跡の凹凸ケアにも使います。

・肌の自然な回復力を引き出す専用ホームケアで日常生活をサポート。

このような形で、お悩み解決に向けてフォローしていきます。
ここまで到達するのに20年間の試行錯誤がありました。

6.だいさんの場合



最後に、口コミを頂いた、だいさんの場合どうだったのかという実例を紹介します。

〈初回時〉
口周り、ホホに黄ニキビができていた。
ニキビ跡の凹凸が目立つ。また赤みも残っている。
3年程悩み続けている。
デスクワーク。

〈施術計画〉
赤みのさらなる悪化を防ぐため顔への強い刺激は避ける。
首、頭の横に強い緊張があったため、そこを優先してケアをする。
まずは、今あるニキビをできにくくする。赤みケアをすることを重視。
鎮静用ローションで赤みを抑える。
美容鍼の肌再生効果を期待して、ニキビ跡の凹凸部分に集中して回復を促す。

〈アドバイス〉
鎮静用ローションのホームケア。
保湿重視のため、2度塗りする。
ニキビ跡の凹凸は肌の深い部分(真皮層)までダメージがあるため、目立たなくなるまでは期間がかかる。
でも、期間をかければ高確率でキレイになると伝える。
月に2回の来店で、モチベーションを落とさず、コツコツ続けられるよう心理面からもサポート。

〈経過〉
1カ月半程度で肌がキレイになってきたことを実感。
3カ月経過時、ニキビができづらくなってきたと体感し始める。
今後は、ニキビ跡の赤みケアに移り、その後凹凸ケアに集中していきます。

〈だいさんの変化〉
始めは『本当に効果が出るのか?』と不安なことも多かったと思います。
それが、現在では効果が実感できて笑顔が増えてきました。
これが続くと、将来どうなっていくんだろう、と楽しみになってきているそうです。

◇さいごに

肌トラブルで悩んだ日々は辛いものです。
しかし、悩みと向き合うことで思考に深みが増します。
人の痛みもわかるようになります。
人間としては豊かになっているわけです。
ニキビで悩まなければ、スキンケアや生活習慣の見直しをすることもなかったかもしれません。

ニキビで悩んだ経験は、一生の財産に変わります。
その経験や、それを乗り越えたプロセス、心の痛みは、あなたしか語ることができません。

私も17歳の時から大量のニキビで悩み始め、そこからニキビ研究が始まりました。
今では38歳となり、ニキビで悩むことはほとんどなくなりました。
健康や美容に気をつけてきたお陰で、10歳若く見られることもあるくらい良い肌状態がキープできています。

これからは、過去にニキビで悩み続けた経験を生かし、こんな人間でも肌がキレイになって、その後の人生を楽しく送れることを証明したいと思っています。

もし、20年かけて生まれたニキビ跡の赤み、凹凸専門美容鍼を受けてみたい、という場合は、男性用、女性用初回体験コースを用意しているので、ネットからご予約して下さいね。
あなたとお話できることを心から楽しみにしています。

>>>ルクレクサのメニューページへ

 

▽▼▽あわせて読みたい▽▼▽


ルクレクサの肌質革命 ライン公式アカウント

肌の健康づくりを通して希望を提供
をテーマに、自信肌を作るお役立ち情報を無料配信しています(^^)
ブログやyoutubeで公開していない限定情報を受け取ることができます。

↓友達追加はこちらから↓

友達追加

 

友だち追加

@648unkwv


【 このブログを書いた人 】
すずけん

ルクレクサ代表

スポーツインストラクターを目指すも、
高校3年生の頃に、
ニキビ、脂漏性皮膚炎、ヒゲ
で悩み、美容に興味を持つ。

大学では、スポーツ科学、健康について学ぶ。
遊びを犠牲にしてバイト漬けの日々。
外見の悩みを解消するために大学4年間で使った金額は400万以上。
その後も健康や美容に4000万以上投資する。

机上の空論ではなく、実体験、現場の声をベースにした発信が注目を集めている。
日本全国からのお問い合わせ、ご予約も増えている。
顔の黄金比率に整える黄金律トリートメントを駆使し、
改善が難しいシワのケア、老化予防、若返りを希望される方の対応を日々している。

自らも、
重症ニキビ、ニキビ跡、脂漏性皮膚炎などの肌トラブル。
30代前半での老け込み。
などで深く悩み続けた経験がある。

同じように悩む人の役に立てる志事をしたい
と思い、大学卒業後、男性では珍しいエステティシャンに。
大手エステで7年働き、エステの本場パリにエステ留学。

帰国後、2013年9月に独立。
1年目は、大手企業のやり方を真似て、
自分のやりたいことをやって大失敗。
夢を叶えたつもりが地獄へ落ちる。

失敗を認め、お客様の要望に応えるために改善を続ける。
現在は、
・スポーツ
・エステ
・整体
・鍼灸マッサージ
を応用した独自メソッドで、
顔だけでなく、心と身体を調律する「黄金律トリートメント」
を静岡にて提供している。

◎トータルエステティックアドバイザー
◎鍼灸師
◎あん摩マッサージ指圧師
◎認定整体師
◎機能訓練指導員

2012エステティックコンペティション 東海地区代表 日本3位
全日本鍼灸学会賞
鬼木医療学園賞
パリエステサロンにて小顔形成術、痩身技術開発

「美容鍼灸 ルクレクサ」

静岡県静岡市葵区鷹匠
ルクレクサ(静岡美容鍼灸)

 

LINEで送る
Pocket