Blog

乾燥肌 化粧品の前に考えること〈第219号〉

今年もあと11日となりました。
お陰様で年末のご予約も多く、お時間を割いて下さるお客様に感謝です!

あさっては、銀座までお灸の勉強をしてきます。
初めて会う方に対し、お話を伺い、それに合うツボ、お灸を提案していきます。
即興で組み立てることは大変ですが、良い修行となります。

現状に甘んじず、良い意味でお客様の予想を裏切っていきたいと思います!


〈第219号〉乾燥肌 化粧品の前に考えること

「時期的なものか、洗顔後肌がつっぱります。どうすればイイですか?」

ここ2週間で一番よく受けた質問です。

すぐにできる対策としては、
・しっとり系の洗顔料にして・・・
・しっとり系の化粧水にして・・・
・乳液をクリームに変えて・・・

となるかもしれません。

しかし、
「ちょっと待った!!」

化粧品より前にやれることもあります。

1.水の温度
冬場は気温が下がるため、お湯の温度が高くなりがち。
洗顔時の水温は体温より2、3度低めがオススメ。
潤いを残して汚れだけを落とすことができます。

2.摩擦を減らす
肌の表面には潤いを保つ層があります。
でも、その薄さは0.02mm程度。
ラップ1枚程度と言われています。

それが、乾燥によって水分不足となり、
刺激に対しても敏感に。
エアコンの空気も刺激となり、赤みが出やすくなります。

摩擦は、お肌にとって大敵。
やさしく扱いましょう。

3.湿度に気を付ける
湿度30%以下だと、お肌の水分は奪われやすい状態に。
加湿器、部屋干しなどを使い、50%前後まで上げていくと良いです。
インフルエンザ予防効果も期待できます。

昨年病理学の先生から教わったのは、
安価で手に入る超音波式加湿器は、床に水をまくようなもので、
ほとんど効果が期待できないとのこと。
水を温めて上記を出す加熱式がやはりイイようです。

私は、超音波式を買ってしまい、安物買いの銭失い。
となりました(^^;
現在は、超音波と加熱式を合わせたハイブリット式加湿器を使っています。
湿度計もついていて、しかも、設定湿度にも調節してくれる優れものです。

以上3つが、化粧品の前に考える対処法となります。
加えて、基本的な食事や睡眠が大事になりますが、
それについては、また別の機会に触れていきたいと思います。

今年の投稿は・・・あるのだろうか?
2019年は、「行動の年」と位置づけ、その言葉の通り動くことができました。

「知覚考動(ちかくこうどう)」
ではなく、
知覚動考(ともかくうごこう)

の精神で邁進したいと思います。
来年の目標は、大晦日と元旦かけて立てます!
決まりましたらまた発表させていただきます(^^)

【ルクレクサの肌質革命】
私自身が18年間肌トラブルに悩み続けたことによって生まれたメニュー。
施術、化粧品、サプリの3つを併用し、外面、内面、精神面までケアします。
もう諦めていたニキビ、脂漏性皮膚炎も9カ月でほとんど気にならなくなった
画期的メニューです。
私自身が、
『こんなのあったらいいな』
を形にした自信作となります。

対応可能なお悩み
・小じわ
・ニキビ
・ざらつき(角栓)
・脂漏性皮膚炎
・目の下のクマ
・目のまわりのくすみ
・肌の赤み
・敏感肌
・ハリがない
・ツヤがない

長年、肌トラブルに悩み続けてきた方こそご利用下さい。
化粧品コーチが、肌結果が出るまでしっかりフォローしていきます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 赤ら顔・赤みへ
にほんブログ村


ルクレクサ鍼灸マッサージ院(静岡 美容鍼灸)
〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町4-2ポワソンビル2階

 

LINEで送る
Pocket