Blog

BMIから考える 〈第55号〉

身長と体重から自分の体を状態を把握する一つの指標として、
BMI(ボディ マス インデックス)があります。
計算式は、
体重(kg)÷{ 身長(m)×身長(m)}
です。

例えば、158cmで体重50kgの場合、
50kg÷(1.58×1.58)=約20
BMIは20

171cmで体重70kgの場合、
70kg÷(1.71×1.71)=約23.9
BMIは23.9

BMI<18.5 痩せ
18.5≦BMI<25 標準
25≦ 肥満度1
30≦ 肥満度2

となっていきます。
理想値は22とされ、健康上最も良いと言われています。

この数値は、健康を測る尺度としては有効ですが、美容の観点から考えると、
あまり参考になりません。
なぜなら標準の範囲が広すぎて、何が美しいのかというポイントがハッキリしないからです。

ちなみに、理想値のBMI22だと、女性で言えば、ぽっちゃり型くらいになります。
多くの女性はこれよりもっと痩せたいと言われます。
10代、20代前半の女性だと、BMI18.5より下の痩せ型をご希望される場合も多いです。
ルクレクサでは、美容体重(見た目、美しさのバランスが良い)として、BMI20程度を推奨しています。
158cmの女性で換算すると、49.9kg前後になります。
その後は、見た目、体調等をみながら調整していきます。
年齢によっても変わります。

※BMIは、身長と体重の比率から計算するため、筋肉量が多くて体重が重くなっている方が、
肥満度1になってしまう場合もあり、全ての例に対応できるわけではありません。
また、成長度合いによって計算式も変わります。小学生くらいならローレル指数、
乳幼児ならカウプ指数というように使う尺度も変わります。

これを機に、一度ご自身のBMIを計算してはいかがでしょうか?
次回は、体脂肪の目安について書いていきます。

 


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket