Blog

生きるために呼吸をする

呼吸について深く考えたことがある方はあまりいないと思います。
私なりに呼吸の意味について考えてみたのですが、大事なのは「酸素の供給」にあるのではないか、と考えます。

細胞は酸素を使い活動をするため、呼吸によって酸素を取り込みます。
それがさまざまな要因によって呼吸が浅くなると、低酸素傾向になり、不調をもたらす原因につながる。
ルクレクサでメインで取り扱っている痩身、ニキビとつなげると、
・ミトコンドリアの活動低下→ブドウ糖と中性脂肪の代謝不良→脂肪燃焼しづらい
・内臓の働きが低下→免疫力低下→ニキビができやすい・悪化しやすい
となります。

また、呼吸によって身体内部に刺激を与えることもできます。
深い部分の筋肉を動かし、体の中から温かくする。
外からは刺激できない深部リンパに刺激を与え、リンパの流れを促す。
このような効果が期待できます。

当たり前のことですが、呼吸は、呼気(息を吐く)、吸気(息を吸う)の2つに分かれます。
サロンでは、呼吸に関わる気道ストレッチ、呼吸筋に関わるトレーニング等を必要に応じて指導します。
ポイントは、思い出した時だけでも結構ですので、
まず、口からゆっくり息を吐き、その反動を利用し、息を吸う、ということを繰り返すことです。
息を吐くときは、7秒以上かけると感情を落ち着かせることにもつながると言われています
怒りに任せて余計なことを言ってしまいそうな場面で使うことも有益です。家族間、夫婦間、職場、友達、恋人など・・・
私も数回、『あっ、言わなくてイイことまで言っちゃった・・・』
という場面を避けることに成功しています。
加えて、ため息より少し強い程度で息を吐くと、お腹を帯のように包む腹横筋に刺激を与えることができ、
ウエストサイズダウン、代謝アップにも役立ちます。

いかがでしたでしょうか?
1日に2万回以上している呼吸に気をつけることで体質改善にも大きく役立つと思います。
ブログを書いていると、『日常生活でできることは山ほどあるな』と私自身も勉強になっています。
全部やることは不可能ですし、完璧を求めると、
「健康のためなら死んでもいい」
という矛盾した状態にもなりかねません。あっ、またこのネタが出ましたね(笑)
小さな進歩を評価し、できることから取り入れてみて下さい。

 


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket