Blog

「息、食、動、想、環」

健康状態を良くすれば、肌はキレイになる。痩せる。
これをしないで外面を変えようとする場合、
・よりお金がかかる
・場合によっては痛みが伴う
・失敗するリスクもある
・一時的に元の状態よりも悪化する時期を耐える必要が出てくる
ということを許容しなくてはいけません。

例えば、ニキビ治療で言えば、
普段から不摂生をしていて、スキンケアもおろそかにしていれば、新しくニキビもできるし、悪化も早く、また跡にも残りやすいです。
これを改善しようとすれば、高額、長い期間が必要、治療時の痛みも強くなりやすい、治療後のダウンタイムも長くなる・・・というデメリットがついてきます。

通常ならケミカルピーリング10回5カ月間のところ、20回10カ月、さらに施術後の赤みやかゆみが強くなる傾向になる。
面皰圧出の場合、圧出する箇所が増え、肌への負担が増す。
ニキビ跡の凸凹が大きい場合、強力な施術をする必要が出てきて、その場合、かなりの痛みを覚悟しないといけない。
※あくまで一例です。

普段から自分でできることと言えば、前回書いた
息、食、動、想、環
のコントロールです。

まず、息とは呼吸のことです。
人間は、1分間に12~20回呼吸をします。
仮に1分間に15回だとして、1時間で900回。
1日24時間で21600回にもなります。
この呼吸をどうするか、ということがいかに重要かわかるかと思います。
私もこれを計算して驚きました。

多くの方が呼吸が浅い傾向にあります。
・リンパ(特に腹部)の流れがスムーズではない
・冷えやすい
・緊張とリラックスのバランスが悪い
・肌あれしやすい
・婦人科系トラブルが出やすい
・疲れやすく、疲れが抜けにくい
とつながりやすくなります。

自律神経は自分の意思ではコントロールできませんが、呼吸の影響を受けます。
呼吸は自分の意思でコントロールできます。
つまり、呼吸は、自律神経にも大きな関わりがということが言えます。
自分の不調の原因が自律神経にあるのかもしれない、と以前から思われていた方。
呼吸についても考えるとよいかと思います。
次回もまた呼吸についてです。

 


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket