Blog

地獄の底から私を救ってくれた「コミュニティ型自宅サロン」の考え方

地獄の底から私を救ってくれた「コミュニティ型自宅サロン」の考え方

こんにちは。
ルクレクサのすずけんです。

今回は、私が独立して9年かけて編み出した
「コミュニティ型自宅サロン」メソッド
がなぜ生まれたのか?
その物語について書いていきます。

自立と選択の自由を願う女性にとって、非常に有益な情報になると思います。
ぜひご参考にして下さい。

1.準備11年。でもスタートで大失敗



2013年の12月に「エステティック ルクレクサ」というお店を静岡駅南口にオープンしました。
私自身は、その11年前(18歳の頃)から独立するつもりで準備を続けてきました。

大手エステで7年の経験、フランスにもエステ留学し、パリ15区のエステサロンにて痩せる技術と小顔技術の開発もしました。
企業に勤めている際は、営業成績日本一にも何度かなり、最高時は、個人の月間売上1000万円を越える時もありました。

独立のために、やれる準備は全てしてきたつもりでした。
『絶対に成功できる』
と思っていました。

しかし、お店のオープンから3か月後には月間の予約数3件まで落ち込み、閉店の危機に追い込まれていました。

大手エステサロン勤務時代は、お客様に困ったことがなく、もうどうしてイイかわかりません。
夢の実現を果たしたつもりが、地獄に落ちたような気分でした。
あまりに暇過ぎて、将来が不安で仕方ない。
でも、どうやって解決してイイかわからない。
床に寝転がって、天井を見て、泣いているばかりでした。

私は集客をなめていました。

2.勘違いヤローの末路



私が完全に見えていなかったこと。

それは、

大手エステ勤務時代は、集客された後の状態から接客をしていた

ということです。

これは、店舗勤務から独立を考えている方も注意が必要です。

今振り返ると『なぜこんな基本的なことを見落としていたのか』と思うのですが、当時はベストを尽くしていたつもりでした。

私が働いていたサロンは、最盛期に月間広告費200万円。そして、企業の強いブランド力。CMに有名芸能人。ハリウッドスターも使っていたこと。
多額の資金、長年かけて作り上げた信頼。顧客リスト。システム。
こういったものが揃っていたから、私でも月間の個人売上が1000万円を越えていたのだ、と気づかされました。

大手企業の看板を下ろした私には価値がなかったという現実が目の前に広がっていました。

そして、私は「集客」という最も難しく、コストがかかる分野と向き合う日々を送ることになります。

3.固定費を高くすると追い込まれる


集客と同時に私を悩ませたもの。
それは、

高過ぎる固定費

でした。

固定費とは、事業を続けるために必ずかかる費用のことです。
例えば、
・家賃
・水道光熱費(電気代、ガス代など)
・通信費(ネット回線)
などを言います。

私の場合は、会社員時代の栄光をもとに希望的な売上見込みを立てていて、
家賃11万5,000円の物件を借りていました。

本当に当時の自分はアホだったなぁ、と思うのですが、月間の売上が200万くらいはすぐにあがるだろう、と見込んでいました。

でも、オープン当初は、家賃分を稼ぐのにも精一杯でした。

固定費の合計が毎月最低でも15万くらいかかり、最初の半年は、それを上回るのにやっと。
下回ることもありました。
もう絶望です。

手元に残るのは数万円。
食費と健康保険、国民年金を払うだけで終わりました。

実家暮らしでなかったら死んでました。。。

その後、家賃5万円の物件に移転し、ちょうど良い感じになりました。

オープン前に、
✓ある程度お客様がいる。
✓豊富な人脈がある。

こういった方は別として、最初から固定費を上げるのはビジネス初心者にはオススメしません。

目先の売上を上げるために必死にならなくてはいけない状態を自分で創り出すようなものです。

4.大手と個人は考え方が全く違う



私は、大手企業勤務の際、将来独立するつもりで、毎日準備を積み重ねてきました。
これ自体は悪いことではなかったのですが、大手企業の経営戦略が個人ビジネスでも当てはまる、ということが大きな勘違いでした。

個人、もしくは従業員100人以下の事業体の場合、それ専門の経営戦略があります。

ランチェスター戦略

というものです。
私は、ランチェスター戦略について少し勉強していたにも関わらず、全く応用できませんでした。

大手で学んだことを試し、いっこうに上手くいかないと悩んでいました。

実は、スモールビジネスの場合は大手企業のやり方をマネても全然うまくいきません。

しかし、厄介なことに、ビジネス本などで取り扱われているのは、多くの場合、大手企業のモデルをベースにしていることが多いです。

真面目に勉強する人が、頭でっかちになって、成果が出せないという背景にはこういったこともあると考えています。

個人、スモールビジネスをやる方に合った戦略を描くことが重要だと思い知らされました。

5.大切なのはリピート率



キレイなホームページを作って、物件を借りてお店をオープンすればお客様は来てくれる・・・

そんな幻想から目を覚まし、気を取り直して外に営業に出るようにしました。

始めは頑張っても結果が出ない日が続きました。
でも、数カ月してくると段々変な失敗が減ってきて、来店につながることも増えてきました。

最初は定価ではなく、モニタープランを作って頑張って声掛けしていましたね。
よくやったと思います。
この時点で、辛くて辞めてしまう方も多いです。

こうして集客がちょっとずつできるようになってくると、次なる課題が出てきます。

それは、リピート率の問題です。

新規集客ができても、1度きりで終わってしまうようであれば、集客し続けなければいけません。
調子がイイ時は何とかなりますが、上手くいかない時はそこで頭打ちになります。

コロナみたいな不測の事態が起こった時に弱いのが、このパターンです。

一度、サービスを利用してくれた方が繰り返し利用してくれる。

これが積み上がってくると、安定した売上がたつようになります。

気心知れたお客様も増え、精神的にも安定してきます。

集客ももちろん大事ですが、リピート率を高くするために日々試行錯誤しておくことも重要です。

6.無理なセールスを極限まで減らすために



副業や起業した時に、できれば避けたいのが、

無理なセールス

だと思います。

副業やサロン開業を考えている女性からの相談でよく話に出るのが、

「商品販売や、セミナーに誘うために声かけするのが苦手です」

ということです。

その通りですよね。

私も目先の売上を上げるために、とにかく人と会いまくって声を掛けていた経験があるのでよくわかります。
何のために仕事をしてるのか意義を見失います。

この根本的な原因は、
そもそもニーズのない人に提案しているからです。

元から問題意識のほとんどない人を一から説得するのは大変です。

だったら、ニーズのある人から相談しに来てもらえる状態を作ることができればイイですよね。

私は、これを攻めの集客から、待ちの集客への進化、と伝えています。

7.オンラインは本当にあなたに合ったフィールドなのか?


考える
もう一つ、多くのビジネス初心者がしている決定的な間違いがあります。

それは、

フィールド選びです。

副業や、ビジネスの一歩として多くの人が始めるのが、
ブログ
です。

この時点で、オンラインかリアルなのか、というフィールドを選択しています。

ブログを選んだということは、オンライン上で戦うという選択をしたことになります。

しかし、オンラインビジネスは、リアルビジネスに比べてメチャクチャ稼ぎ続けるのが大変、という現実があります。

私はこれを知るのが遅く、オンラインビジネスに手を出しても大して稼げない・・・という時期を何年も過ごしました。

ブログに関しては、一般社団法人 日本アフィリエイト協議会から参考になるデータが出ています。

【参考データ】
ブログを1年以上続けて、月5,000円以上稼いでいるのは全体の15%程度。

私もブログアフィリエイトを頑張っていた時期もありますが、まさかこんなに稼ぐのが大変なビジネスだとは思ってもいませんでした。

そもそも、1年以上ブログを続けるのも大変だというのに。

◇あなたがこういう人ならオンラインビジネスを選ぶべき

ただし、オンラインビジネスで稼げる人というのもいます。
私が実際に稼いでいる人を見てわかった要素を挙げます。

1)フォロワーが非常に多い
2)本の著者
3)有名人
4)容姿、話すスキル、画像編集、、ライティング力、マーケティング力など何か一つ、もしくは全てがズバ抜けている
5)ITスキルが超高い。もしくはIT業界での経験がある

こういった条件に当てはまる方は、オンラインビジネスでも稼ぐことができると思います。

でも、そうでない場合、もしかすると、オンラインというフィールドを選んだことが間違っているかもしれません。

私は、特別な能力もなく、普通の人です。
オンライン上の世界で、こういったとんでもない化け物達と戦っても勝てるはずもなく、頑張っても頑張っても成果が出ないと悩み続けていました。

何となく、スタートはオンラインビジネスで。
と考える人が多いです。
しかし、
実際は強い人だけが生き残れる厳しい世界です。

もし、あなたがオンラインビジネスは厳しいな、と思っているようであれば、リアルビジネスに転換するタイミングが来ているかもしれません。

8.感謝され、積み上がる仕組みを作ろう



私は、サロンビジネスを長く続けてきました。
自分では当たり前過ぎて良さがわからなくなることがあります。

よく周りから言われるのは、
「お客さんの反応が直接見られて、感謝される仕事ってイイですよね!」
という言葉です。

確かに職種によっては、顧客と直接触れ合う機会がなく、自分がやった仕事が人の役に立っているのか、そうでないかがわからず、やりがいを感じにくいかもしれません。

それに比べて、リアルビジネスは、顧客の反応がわかりやすく、喜んでもらえれば当然感謝されます。
結果、収入も増えてきます。そして何よりも生きがいを得やすいです。

これが、リアルビジネス(サロンビジネス)の魅力です。

ここに、
1)初期投資を抑える
2)固定費を低くして、続けやすく
3)ニーズのある人を集客
4)高いリピート率
5)低い失客率(=顧客離脱率)

の要素が加われば、ビジネス初心者にとって最適なビジネスモデルとなります。

そう考えて生まれたのが、
「コミュニティ型自宅サロン」
になります。

9.コミュニティ型自宅サロンはストック型ビジネス



コミュニティ型自宅サロンは、基本を押さえて運営していけば、顧客や信頼、売上が積み上がっていくストック型ビジネスに生まれ変わります。

サロンビジネスと言うと、
1回きりの取引で終わってしまって、継続性が少ないフロー型ビジネスと考える方もいるかと思います。

しかし、ポイントを押さえていくと、顧客も増えていき、関係性も強くなり、売上も積み上がっていきます。つまり、日々の努力が積み増しされていくストック型ビジネスになるということです。

例えば、
最初は顧客0でも、半年後にリピート客が10名できて、毎月通ってくれるとします。
すると、半年後は、月初から10名の予約が確保されていることになります。
単価1万円であれば、10万円になります。

1年後、リピート客が20名に増えていたとします。
すると、月初から20万円の売上がほぼ確定していきます。

ここに、信頼関係を構築するための仕組み、別サービスの提案なども含めていくと、20名という少ない顧客でもサラリーマンの月収近くまで収入が得られるようになってきます。

あとは、これを続けていくと、さらに膨らんできます。

◇コミュニティ型自宅サロンの内容

これを実現させるために、コミュニティ型自宅サロンでは、このような黄金パターンを提案しています。

1)自宅の一室か出張で始める・・・コストを抑えるためです

2)近所、身近な人からアプローチしていく・・・顔が知れている人の方が、見ず知らずのオンライン上の人よりも反応してくれます

3)身の回りの人が少ない場合は、マップ、ホームページを使って無理なセールスを極力減らし、ニーズのある人が来てくれる仕組みを作っていきます
※現在、マップ、ホームページの開設、運用は過去に比べると随分簡単になっています

4)顧客が喜ぶサービスを用意
元々何かスキルがある人は有利です
もし、何もない場合でも後から身につけていけば大丈夫です

5)コミュニティ戦略
少ない顧客でも、高いリピート率であれば、少しずつ顧客が積み上がっていき、後になればなるほど楽になってきます。気心知れた人も増え、日々の仕事が楽しくなってきます。
そのために使うのが、あなたの価値観を中心としたサロン運営の考え方です。
ここでコミュニティ戦略を応用していきます。

実際にコミュニティ運営をするわけではなく、サロンビジネスにコミュニティ構築の考え方を取り入れるだけなので難し過ぎるということはありません。

このようにしていくことで、
自宅、出張型サロンの良さである、低コスト、低リスクで始められるという長所が生かされてきます。

いくら始めやすくても、
・集客に無理がある
・毎日SNS更新をしなくてはいけない
・リピート率が低いから毎月の売上が計算しにくい
・自分の価値観に共感してくれる顧客が少ないから、やりがいが少ない

こういったマイナス面があったら魅力的ではありません。

あなたの価値観に共感してくれる顧客に来てもらい、それを育てていく。
そして、少しずつ伸びていき、花が咲き続ける・・・
そうやって設計されたのが
コミュニティ型自宅サロンです。

私自身が独立して9年間、苦労に苦労を重ねて、ようやく編み出した道です。
一人でも多くの女性に届き、人生を変えるお手伝いができれば嬉しいです。

さらに学んでいきたい方は、無料のオンラインコース「サロン運営の失敗事例と打開策コレクション」をプレゼントしています。

以下のページから無料オンラインコースをお受け取り下さい。

>>無料オンラインコースを受け取る

LINEで送る
Pocket