Blog

生活が変われば

好きなものを食べては飲んで、携帯ゲームを朝までやって日中は寝ている。授業中のほとんどは居眠りして、部活だけしているような高校生活。この頃は、精神的にも安定せず、キレやすい性格だったと思います。

それを変える時が、既にブログで書いたように、高校3年生の部活引退後でした。
短期間で大学入学するために、限られた時間をどうするか?
急に増えてきたニキビを何とかするためには生活習慣を改善しなきゃいけない
ということが重なり、重い腰を上げざる負えなくなっていました。

早寝早起きから始まり、野菜、魚を多く食べるようにして、ビタミンB群、Cに関してはサプリメントで補う。炭酸飲料はできる限り飲まない。
このような点を気をつけながら生活をしていくと、次第に精神は安定し、思考回路も良くなってきました。
テストの点を上げる。
肌をキレイにしたい。
という目に見えることを追って始めたことが、思わぬ効用を生み出しました。

とにかく痩せればよい。ニキビがなくなればよい。頭痛が消えればよい。
と思いがちですが(私もそういうところはあるのでわかりますが)、
習慣が変わらなければ、表面上良くなっても、繰り返してしまいます。
特に、痩せてもリバウンドしてしまった、ということは、痩身効果上防ぎたいものです。

私は、生活習慣を変えて、人生が大きく好転しました。
現在31歳ですが、本当の人生の始まりは、生活習慣を改めた17歳の時からだと思っているほどです。
それまではボロボロでした。
多くの方は、頭ではわかっていてもきっかけがない、何をしていいかわからない、
という場合が多く、そのような転機に出会えた私が幸せ者だったと思います。

サロンでも、施術だけでなく、日常生活のアドバイス、フォローは念入りにしています。
自分でできないことはサロンで。
自分でできることは自分でやる。
という二刀流の方法で、見た目だけでなく、性格、考え方、体調まで変えていくことを目指しています。
その結果、仕事がはかどる、人間関係が良くなる、休みの日が充実する、体が楽になる・・・
などの思わぬ効果まで得られるようになっていきます。

加えて、外見が変わるから内面が変わる、ということも本当です。
ぜひ悲観的にならず、できることから始め、そんな自分を肯定していくとよいかと思います。
人と比べる必要はありません。
いずれ
悩んだからこそ今の自分がある。あの最悪な時期に感謝。
という日が訪れるに違いありません。

LINEで送る
Pocket