Blog

レーザー脱毛スタート

センター試験後、入試を受けるため、1人で千葉や茨城へ行ったことは人生勉強になりました。知らない土地、知らない世界・・・未来のことを考えると楽しい気持ちになりました。そして、無事、国公立大学に合格し、何とか現役国公立合格達成となりました。これからは、水戸市での生活が始まります。大学生になったらまずやりたいこと・・・勉強でもなく、遊びでもなく、「レーザー脱毛」でした。

静岡から水戸へ引っ越し2週間くらいしてから、すぐさまレーザー脱毛の初回予約を入れました。入学祝い金と貯金を合わせて、顔全体の脱毛をするつもりでいました。結局、顔全体プラスうなじ部分も含め、1年間のフリーパスのコースで申し込みました。レーザー脱毛の料金は現在の2倍~3倍くらいだったと思います。そのころに比べ、今は、女性専用脱毛サロンは本当に安価になってきたな、と感じます。女性の場合、より悩みが深刻なはずだと思いますので、施術が受けやすくなった、という点で良い時代になったと感じています。

気になるレーザー脱毛ですが、広告では、「輪ゴムではじかれる程度の痛み」「赤みも当日か翌日にひく」と書いてありました。それが、受けてみると、歯を食いしばって何とか耐えられるくらいの強烈な痛み(特にうなじ部分は激しい)、赤みは3日はひかない、翌日から部分によってはかゆみも出る、という散々な状況でした。広告の表現は、おそらく女性の割と薄い毛だったら・・・という例だったと思います。男性の濃い毛には当てはまりません。それでも、『これで毛がなくなるなら・・・』と思い、必死で痛みに耐えていました。『世の中には、こんな痛い思いをしなくても、元々毛が薄い人がいるのにな。何で俺はこうなんだろう』と思うと涙が出てきました。

脱毛後は、必要に応じて炎症止めの軟膏を塗ります。翌日から洗顔もOKでした。赤味や毛嚢炎(黄色いニキビのようなもの)が数日続きましたが、ヒゲは生えにくくなりました。2週間くらいかけてレーザー処理した毛が抜け落ちます。あとは、毛は生え変わりながらちょっとずつ肌表面に出てくるため、その周期に合わせながら繰り返し脱毛を受けていきます。

脱毛をした後は、一時的に肌状態が悪化するので、ものすごくテンションが下がりました。鏡を見ると暗い気持ちになってしまうため、できるだけ見ないで大学生活を送るようにしていました。ささいなことで一喜一憂しながら、1人暮らしを頑張っていました。ただ、このまま立ち止まるわけにもいきません。他の部分の脱毛、ニキビ治療もしたかったため、バイトを始め、お金を貯める必要があります。加えて、バイトを通して、自分の性格をもっと明るくしていきたい、と切実に思っていました。

LINEで送る
Pocket